2013年09月21日(土)

Hide’s Wine 639

今年3月に伺った時は新芽だったリースリングが、花が咲き、実をつけ、すっかり色っぽく成熟し収穫を待っていました。感動です!

__

昨年の近江栄開店より約一年、ワインスクールに通いながら世界各地のワイン生産域を旅するうちに、ワイン造りの基本はテロワール(土壌)であると確信しました。
ここヒデワインの「故郷ラインヘッセン」はドイツ最大のワイン産地、中でもNiersteinはライン川に面した一等地。ここの畑は「ローテンハング(赤土の急斜面)」と呼ばれる赤土粘板岩質で、さらにライン川に面し太陽を反射した柔らかな光を浴びる好適地です。
ニアシュタインはドイツワインにとって最良の土壌。さらに自然と調和した物づくりを唱え、人一倍の情熱と手間をかけ手摘みにこだわる浅野氏の葡萄栽培。
そしてSTRUB醸造所の300年の伝統と技術を取り入れたこだわりの醸造。
また、世界の市場を動かすワイン評論家ロバートバーカーJr.も賞賛しており、08年産に続き、11年産も90ポイントを獲得致しました。深いコクと豊かな果実実が世界のワイン通に評価されてます。
「HIDE’S WINE”639″」たくさんの夢が詰められた最高のハーモニーです。

HIDE`S WINE639
HIDEKI ASANO
c/o Weingut STRUB
Rheinstrasse42
55283Nierstein

コメントは受け付けていません。