2014年07月17日(木)

リムージュ陶器製のテーブルセラー

ワインバー宮川町近江栄ではシャンパン専用のセラー「Cave de Table」を使用してます。

フランスリムージュ陶器製のセラー兼クーラーで、シャンパンはその細やかな泡立ちを作り出すには長く複雑な時間の経過と忍耐が必要となります。このテーブルセラーは味わいのその瞬間までセラー環境を保つために考えられたものです。

更にトレイを冷やしておいてサービス時にカバーを乗せることでボトルの温度を保ち続けることもできる優れものです。IMG_3259

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2014年07月09日(水)

トスカーナ MAZZEI社 Castello di Fonterutoliにて

この度はサントリーインターナショナル様のお取次ぎにより、イタリアで最高峰のワイン造りを手掛けるMAZZEI社のCastello di Fonterutoliを訪問させていただきました。
Castello di Fonterutoliの葡萄畑は、高地に位置しサンジョベーゼを中心に約120haの畑を所有しています。大規模ワイナリーらしくオートメーション化も進んでいますが、収穫や選果は全て手作業にて行い、温度湿度管理は自然の地層を流れる地下水を利用するなど、人と自然の機械の長所を巧く融合させた素晴らしいエステートでした。
Castello di Fonterutoli

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2014年07月07日(月)

トスカーナ Podere la Mercarecciaにて

圓堂や近江栄でお世話になってるディオニー様のお取次ぎでPodere la Mercarecciaへ訪問致しました。
サンジョベーゼ、シラー、そしてトスカーナ特有の葡萄チリエジョーロという珍しい品種の3種類の葡萄をブレンドせずにそれぞれ100%のワインを造ってます。ブドウの個性を最大限引出すためのビオロジック栽培により、個々の品種の本来の味を表現しつつ、海風が心地よく吹くという立地からワインにほのかな塩気が溶け込み、特有の風香味のある仕上りとなってます。
トスカーナのサーフポイントBIBBONAのSea Wind…、
Salty Tasteの「Cwordileone」、
ティレニアの潮風香るワインを是非ともお試しください。Podere la Mercareccia

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2014年07月04日(金)

トスカーナ ANTINORI ワイナリーにて

アンティノリイタリアで最大級ワイナリー「ANTINORI」へ伺いました。年間約4000万本以上の生産量に加え、本拠地トスカーナ以外にもロンバルディアやピエモンテ、プーリアなどイタリア各州のほか、カリフォルニアやワシントン、チリやニュージーランドに至るまで世界中のワイン産地にワイナリーを構えております。今の時期は葡萄の剪定作業や、ウドンコ病などの病害が被害からの作業に追われ非常に忙しい中案内していただきました。約50haの面積を持つ葡萄畑には1ha当たり8000本程もの葡萄樹が植えられ、それらはコンピュータによって湿度管理がなされているそうです。ワインの貯蔵庫には1078年建造のガリレオも教鞭をふるった修道院を改装して使われおります。最新鋭の設備と伝統のスキル…それらの見事な融合を目の当たりにしました。

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2014年07月03日(木)

トスカーナ POGGERINOワイナリーにて

ヴェレゾン前のPOGGERINOの葡萄畑に伺いました。標高550mの高さで作られるこちらのワインは年間6万本ほどの小規模なワイナリーですが、美しくエレガントかつパワフルなキャンティ・クラシコを造りだします。粘土質と小石の混ざった土壌、標高の高さから来る昼夜の寒暖差などサンジョベーゼに理想的な立地に加え、ビオロジックを用いた完全な自然農法、1本の葡萄樹から1房のみという非常に手間隙をかけて収穫されます。また、来年からリリースされるPOGGERINO初のサンジョベーゼ100%スプマンテなど伝統と革新をバランスよく持ち合わせた造り手でした。
Poggerino Chanti Classico Reserva とPoggerino Aurora Rosatoを買い付け7月中旬入荷予定です。
I1

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209