2013年04月10日(水)

「Duval-Leroy Brut Design Paris」

New Arrival ! 新入荷フレンチスパークリングのご紹介
「Duval-Leroy Brut Design Paris」 ¥12,600
デュヴァル=ルロワ・ブリュット・デザイン・パリ NVIMG_0406

アメリカ人の画家、LeRoy Neimanがデザインした、小麦色に輝くキュベと光の都市パリをイメージしたボトルが小粋なフレンチスパークリング。
力強い果実の風味と、へーゼルナッツの香味、蜂蜜の甘味が、絶妙のバランスで中辛口に調製され、絹のような滑らかさと長い余韻が印象的です。

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年04月10日(水)

「Bourgogne Les Grands Chaillots 2008」

New Arrival ! ブルゴーニュより新入荷ワインのご紹介
「Bourgogne Les Grands Chaillots 2008」  Domaine de Thibault Liger Belair ¥7,800
ブルゴーニュ レ グラン シャイヨ 2008
Thibaultブルゴーニュの新星ドメーヌ「ティポー・リジェ・べレール」
ティポー氏は大学で醸造学を学び、IT会社ではワイン販売をプロデュースし、従兄弟が一級畑レ・サン・ジョルジュに広大な畑を有するという恵まれた条件に加え、さらにビオロジックやビオディナミという最新農法をも取り入れてます。
ジャンシス・ロビンソンやロバート・パーカー氏等の評価も高く、世界のワイン誌やワインフリークから注目の若いワイナリーです。
このワインはBY THE GLASSとしてもご提供致しますので、是非ともお試しください。

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年04月07日(日)

南フランスからの素敵なお客様

コート・デュ・ローヌのシャトー「Mas Neuf」のオーナー、イヴ・ラングレー氏と、南仏ルーションのドメーヌ「Le Clos des fees」の醸造家エルヴェ・ビゼル氏がお見えになりました。
最初はお二人とも京都の花街宮川町でのワインバーに驚かれましたが、南仏ワインの取揃えに満足され、マス・ヌフとともに和風ワインバー近江栄を十分楽しまれたご様子でした。
__シャトー・マスヌフは、地方最南Costieres de Nimesに位置し、太陽に恵まれミストラルの吹く爽やかな気候で、ワインは熟した果実味を持ちながらも爽やかさもキープし、ローヌ特有の「ローヌ・パラドクス」の作用で、何とも云えない深いブーケとアロマ、豊かなボディをマスヌフのワインに発見することができます。
特にARMONIOはSaint-Emillion Grand Cru「シャトー・ル・テルト・ロトゥブフ」のオーナーであるルイ・ミジャヴィル氏とのコラボから生まれたキュヴェで、是非お試しいただきたい1本です。
ドメーヌ「Le Clos des fees」は、ワインライターであったビゼル氏が自ら完璧な土壌管理と葡萄栽培を実現した夢のワイナリーです。今では国際的評価も高く、ルーションの象徴たるワインを作りだしています。これからはさらにリッチでより地中海的なフルーティさ加味したワイン創りに挑戦中です。

宮川町近江栄でご用意してる南仏ワイン
<Cotes du Rhone>
Ch Mas Neuf Compostelle Blanc’09/シャトー・マス・ヌフ コンポステル \6,300
Ch Mas Neuf Vdp ARMONIO’08/シャトー・マス・ヌフ Vdp アルモニオ  \11,550
Romaneau-Destezet Syrah’09/ロマノー・デストゥゼ シラー \8,610
Domaine des Entrefaux Crozes-Hermitage Rouge’10/ドメーヌ・デ・ザントフォー クローズ・エルミタージュ ルージュ \6,300
<Roussillon>
VDP Cotes Catalanes V.V Blanc’11/New
VDP Cotes Catalanes Le Soula blanc’09/New
VDP Cotes Catalanes carignan 1903’11/New

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年04月06日(土)

京おどり -Kyo Odori-

第64回京おどり「京浪漫花吹雪」
平成25年4月6日(土)~4月21日(日)
__京都宮川町では毎年4月の第1土曜日から第3日曜日まで、女紅場と呼んでいる「東山女学園」と同じ建物内の宮川町歌舞練場で「京おどり」が開催されます。
初回公演は戦後(昭和25)宮川町歌舞練場で初演されました。
京都の四季のうつろいと名所名物を舞踊化してたいへん好評を呼び、5回目からは舞台を立地や収容に優れる「京都南座」に移して上演されていましたが、 昭和44年には新しい宮川町歌舞練場が完成してもとに戻りました。
京おどりは広くお客様に楽しんでもらうことをモットーに、若柳流の家元が振り付けをし、毎年趣向を凝らし、誰にでも興味深い舞台になるよう努力されています。
特に今年からは脚本家を交代しスピード感のある舞台進行が新しい試みとして注目されます。
全体は七景に分かれていて、最後の締めくくりとなる最終景は「宮川音頭」の総踊りとなり、舞台がとても華やかな空気に包まれた幕引きとなります。

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年04月03日(水)

「Chateau Leoville Las Cases 1994」

New Arrival ! ボルドーより新入荷ワインのご紹介
「Chateau Leoville Las Cases 1994」   Bordeaux / Saint-Julien  ¥73,500
シャトー レオヴィル=ラス・カーズ 1994IMG_0341

シャトー、レオヴィル=ラス・カーズは、1885年の特級シャトー格付以降、特に戦後よりずっと秀逸な2級シャトーであり続けてきましたが、1975年以後は連続して成功をおさめ、75、78、82、85、86、90、94、95、96年 といった完璧に近いヴィンテージが有名です。
これらのラインアップは、メドックの一級シャトーのヴィンテージと同等に肩を並べる出来であると云われています。 多くのボルドーファンがラス・カーズを「スーパーセカンド」と悲劇っぽく賞賛するように、もしボルドー格付が見直されるような事があったら、 ラス・カーズは間違いなく第一級への昇格が期待されるシャトーでしょう。
先月訪問したレオヴィル・ポワフィレやレオヴィル・バートンらもあるこのサン・ジュリアン地区は大きな石が混じった粘土質や石灰質の層を砂利質が覆い、深みのある滑らかなタンニンを持ち、豊満でスケールの大きい香味が特徴。 ボルドーなので当り前ですが、凝縮味に優れ長期の貯蔵を念頭に置いて作られ、ラスカーズは熟成期間を10年から20年を目途に調製されています。
今回、近江栄では1994年のグレートヴィンテージを仕入れました。時の流れを楽しむ伝統的なボルドーワイン。18年目の飲み頃のシャトー・レオヴィル・ラスカーズを是非ともデキャンタージュでお楽しみください。

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年04月01日(月)

都をどり -Miyako Odori-

都をどりは全八景の構成となっており、春から夏・秋・冬…そしてまた春へと1時間の公演で四季の移り変わりを舞台上で表現する踊りです。 第一景の置歌はこれから始まる舞台の内容を紹介する場面です。右手に地方連中、左手にはお囃子連中が奏でる演奏で左右両側の花道から出てくる約20名の立方が公家御殿のしつらえである銀襖の前で舞います。この形は井上流を開いた井上サトが仙洞女院御所に仕え近衛家にも京舞を指南したので特に御所風の造りになっています。 また最終景で総勢約60名もの芸舞妓による豪華で華やかなフィナーレは圧巻です。
写真 2013-03-23 03.59.38 午後Miyako Odori is composed of eight scene in total. It starts to depict a scene in spring. and then moves to scenes in summer,fall,winter,and sprig for the final, describing the season’s transition in one-hour performance. The first scene “Prelude”introduces the highlights of following scenes. With the music by Jikata and Ohayashi in the right and left sides of the stage respectively, 20 dancers file into the stage from two passageways.The stage with sliver sliding dooes represents a palace of an ancient court noble, since Ms.Sato Inoue, who started the Inoue school, worked for Sendo Nyoin Palace and taught the dance to the Konoe family. Our grand final with about 60 dancers in impressive and lavish

 

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209