2013年03月23日(土)

「ニアシュタインにて/HIDE’S WINE 639 ワイナリー」

ドイツのワイン産地であるラインヘッセン。その中でもニアシュタインはライン川に面したリースリング種の一等地です。この小さな町でヒデワインは造られています。
「HIDE’S WINE639」は2005年からワイン造りを開始したバックヤードワイナリーです。1haのブドウ畑は、彼の師匠である STRUBワイナリーの一部を借りた1級畑ヒッピングで年間7000本のみの生産。ですから全ての樽、最後の瓶一本まで彼の目が行き届いたとても希少で贅沢なワインです。
師STRUB家が所有する畑は「ローテンハング(赤土の急斜面)」と呼ばれる赤土粘岩で、さらにワイン川に面し太陽光を存分に浴びる好適地です。この土壌と最高の相性であるリースリングは、酸味が冴えミネラル感の強い爽やかな味わいでありつつも仄かな果実香も楽しめます。
最近はドイツでも料理とワインの組合せを重視した辛口「トロッケン」の流れになって来てますので、まさに時代の最先端ワイナリーです。
ニアシュタインはドイツワインにとって最良の土壌と言い切る浅野HIDE氏…。
その恵まれたテロワールに更に人一倍の情熱と手間をかけ、手摘みに拘る葡萄栽培。そして師STRUB醸造所の300年の伝統と技術を受け継ぐ醸造技術は、早くもR.PARKER’S 90point を獲得しています。
HIDE’S WINE639を是非ともお試し下さい。写真 2013-03-23 10.55.43 午後

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月23日(土)

お花見CHANDON

この季節、美しい桜色に染まる“シャンドン ロゼ”。
「シャンドン」は、モエ・エ・シャンドン社の伝統を受け継ぐオーストラリア生まれのプレミアム スパークリング ワインで、シャンパンと同じ品種、同じ製法にこだわった格別の味わいです。
chandon_springA2fin_logo

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月21日(木)

「ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアにて/SANDEMAN Winery ・CALEM Winery」

近江栄でも最近人気のポートワインの見学に行ってきました。
ポートワインになる葡萄は、ドウロ川上流一帯の和らかい日の注ぐ段々畑で育ったものを使います。(昔は白帆の船で)河口のガイア迄運び、町にある多くのワイナリーで本格的な熟成に入ります。
ポートワインはまだ葡萄の糖分が残っている途中に、強いブランデーを加えてその発酵を止めたワインで、この製法によって独特の甘みとコクが生まれます。
日本のように贅沢にヴィンテージや超熟を楽しむ方よりも、気軽にホワイトはアペリティフワインとして、トゥニーやルビーはデザートワインやナイトキャップとして広く地元の人に嗜まれている様子でした。
葡萄本来の甘味は、メロンなどの熟した果物や、タルトなどのしっとりとしたケーキ、濃厚なアイスクリームなどに良く合います。是非お試し下さい。h

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月15日(金)

「Bourgogne Cotes de Nuits & Cotes de Beaune / ブルゴーニュ コートドニュイとコートドボーヌにて」

ブルゴーニュ地方では主に使われる葡萄は赤のピノ・ノワール、白のシャルドネを100%ブレンドせずに使用しなければなりません。このCotes de Nuits と Cotes de Beauneの二つの地域はコート・ドール(黄金の丘)と呼ばれる地域の非常に複雑な気候と変化に富んだ土壌によって、同じ葡萄品種でも畑の場所によって様々な香りや個性を持ったワインを生み出しています。g

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月14日(木)

「Cave Des Producters De Vouvray / ロワール・ヴーヴレイのカーヴにて」

Muscadet(Melou de Bourgogne)の一大産地。ここのロワール川流域のTuffeauと呼ばれる長い地下道を有するヴーヴレイのカーヴにお邪魔してきました。ロワール川流域の土壌環境が創り出す多彩なワインの特性の違いに驚かされました。風光明媚なロワール地方のように爽やかでスッキリとしたStill wineとSparkling wineのファンになりました。f

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月13日(水)

「Ruinart / ルイナールにて」

近江栄で人気シャンパンであるルイナール社にMHD社様の取りはからいによってカーヴの見学に行ってきました。
世界最古のシャンパン・メゾンであるルイナールは1729年に修道会の高僧ドン・ティエリー・ルイナールの甥、ニコラ・ルイナールによって創立されました。シャルドネ種にこだわったルイナールのブラン・ド・ブランは葡萄の個性を完璧に表現しており、そのための製造過程やカーヴの特徴を勉強して参りました。

e

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月13日(水)

「Veuve Clicquot / ヴーヴ・クリコにて」

近江栄の人気シャンパンであるヴーヴ・クリコ社にMHD社様の取りはからいによってカーヴの見学に行ってきました。
1772年にフィリップ・クリコにより創業されたメゾンは「自社のワインは全ての国境を超える」を心に誓い設立されました。
見学させて頂いた地下カーブにはマダム・クリコが開発したと言われている動瓶台の初期の物なども交えながらヴーヴ・クリコの歴史や製造工程等を勉強して参りました。d

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月12日(火)

「Chateau Prieure Lichine / シャトー プリュレ リシーヌにて」

マルゴーのグラン・クリュ・クラッセ格付のシャトー プリュレ リシーヌは「全ては葡萄畑に始まります」と言い切る。
テロワールへの愛着と、新しい技術を取り入れていこうとする彼らの質の高い仕事によって、マルゴーのワインの特徴とも言えるエレガンス、繊細さ、気品の備わった、豊かな土壌の持ち味を十分に引き出す姿勢を感じました。c

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月12日(火)

「Chateau Pichon-Longville/シャトー ピション ロングヴィルにて」

Pauillac地区のボルドー格付け第2級のシャトー
葡萄畑は南向きの傾斜、砂利質が多いというカベルネ・ソーヴィニヨンに最適な場所であり、また畑の多くがボルドー第1級格付けの「Chateau Latour」の隣にあるという最高の土壌を有しています。
試飲させて頂いたファーストラベルの「Chateau Pichon-Longville Baron 2008」もまだ若いヴィンテージながら、気品のあるアロマや甘みのあるタンニン、口の中にいつまでも残っている余韻を十分に楽しめる親しみやすいワインでした。b

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月12日(火)

「Chateau Leoville Poyferre/シャトー レオヴィル ポワフィレにて」

Saint-Julien地区のボルドー格付け第2級のシャトー Chateau Leoville Barton、Chateau Leoville Las Casesと共にLeoville御三家とも言われています。

Poyferreの伝統的な重厚な味わいを護りつつも、最近では一次発酵に台形型のステンタンクに変更したり、葡萄の選別に最新システムを導入するなど、ワイン造りにおける伝統の継承と近代化に対する造り手のしなやかさを感じました。a

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月05日(火)

「春のおすすめワイン」

VELTLINER FOR SPRING 2012
Domaene Gobelsburg Gruner Veltliner
ドメーネ・ゴベルスブルク グリューナー・ヴェルトリーナー

haru寒さも和らぎ春めいてきた、京都の梅春におすすめの一本でございます。オーストリアの屈指の名醸地カンプタールで造られるグリューナー・ヴェルトリーナ-100%の白ワインです。
早春の新芽を思わせるようなみずみずしく若草色を帯びた色調に、
若いパイナップルや白桃のようなフレッシュフルーティーな香り…、
ライム、グリーンハーブの爽やかさ…、
白コショウのスパイシーな香り…、
さわやかな春風胎動の風とともに、みなさまのご光来をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209

2013年03月04日(月)

Wine & champagne 「Ch Simard Sant Emilion 1995」

New Arrival ! ボルドーより新入荷ワインのご紹介
「Ch.Simard Sant Emilion 1995」
シャトーシマール サンテミリオン1995
オーゾンヌ特有のありあまる品と風格、そして優雅さはやはりこのヴィンテージでも健在で、 柔らかく調和の取れた味わいの中に際立つ、若々しいタンニンもとても上質で印象的です。
※メルロー80%、カベルネフラン20%、ボルドーサンテミリオン地区、辛口ミディアム寄りのフルボディ

(社)日本ソムリエ協会会員No.18367

ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江栄 Oumi-E」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
http://www.facebook.com/oumi.ei
(社)日本ソムリエ協会会員No.18367・18436
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ No.18207・18209