2013年04月07日(日)

南フランスからの素敵なお客様

コート・デュ・ローヌのシャトー「Mas Neuf」のオーナー、イヴ・ラングレー氏と、南仏ルーションのドメーヌ「Le Clos des fees」の醸造家エルヴェ・ビゼル氏がお見えになりました。
最初はお二人とも京都の花街宮川町でのワインバーに驚かれましたが、南仏ワインの取揃えに満足され、マス・ヌフとともに和風ワインバー近江栄を十分楽しまれたご様子でした。
__シャトー・マスヌフは、地方最南Costieres de Nimesに位置し、太陽に恵まれミストラルの吹く爽やかな気候で、ワインは熟した果実味を持ちながらも爽やかさもキープし、ローヌ特有の「ローヌ・パラドクス」の作用で、何とも云えない深いブーケとアロマ、豊かなボディをマスヌフのワインに発見することができます。
特にARMONIOはSaint-Emillion Grand Cru「シャトー・ル・テルト・ロトゥブフ」のオーナーであるルイ・ミジャヴィル氏とのコラボから生まれたキュヴェで、是非お試しいただきたい1本です。
ドメーヌ「Le Clos des fees」は、ワインライターであったビゼル氏が自ら完璧な土壌管理と葡萄栽培を実現した夢のワイナリーです。今では国際的評価も高く、ルーションの象徴たるワインを作りだしています。これからはさらにリッチでより地中海的なフルーティさ加味したワイン創りに挑戦中です。

宮川町近江栄でご用意してる南仏ワイン
<Cotes du Rhone>
Ch Mas Neuf Compostelle Blanc’09/シャトー・マス・ヌフ コンポステル \6,300
Ch Mas Neuf Vdp ARMONIO’08/シャトー・マス・ヌフ Vdp アルモニオ  \11,550
Romaneau-Destezet Syrah’09/ロマノー・デストゥゼ シラー \8,610
Domaine des Entrefaux Crozes-Hermitage Rouge’10/ドメーヌ・デ・ザントフォー クローズ・エルミタージュ ルージュ \6,300
<Roussillon>
VDP Cotes Catalanes V.V Blanc’11/New
VDP Cotes Catalanes Le Soula blanc’09/New
VDP Cotes Catalanes carignan 1903’11/New

コメントは受け付けていません。