2013年03月21日(木)

「ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアにて/SANDEMAN Winery ・CALEM Winery」

近江栄でも最近人気のポートワインの見学に行ってきました。
ポートワインになる葡萄は、ドウロ川上流一帯の和らかい日の注ぐ段々畑で育ったものを使います。(昔は白帆の船で)河口のガイア迄運び、町にある多くのワイナリーで本格的な熟成に入ります。
ポートワインはまだ葡萄の糖分が残っている途中に、強いブランデーを加えてその発酵を止めたワインで、この製法によって独特の甘みとコクが生まれます。
日本のように贅沢にヴィンテージや超熟を楽しむ方よりも、気軽にホワイトはアペリティフワインとして、トゥニーやルビーはデザートワインやナイトキャップとして広く地元の人に嗜まれている様子でした。
葡萄本来の甘味は、メロンなどの熟した果物や、タルトなどのしっとりとしたケーキ、濃厚なアイスクリームなどに良く合います。是非お試し下さい。h

コメントは受け付けていません。